ホーム > 酸素濃縮器・ボンベとは
酸素濃縮器・ボンベとは

部屋の空気を取り込んで窒素を取り除き、酸素を濃縮して供給するシステム。外出・停電時はポータブル型やトランスポータブル型の酸素濃縮器か、携帯用酸素ボンベを併用します。

酸素濃縮装置・ボンベのイメージ写真
酸素濃縮装置・ボンベのイメージ写真

酸素濃縮器のメリット・デメリット

メリット

  • 操作が簡便である
  • ポータブル型は移動に便利で飛行機への持ち込みも可能
  • 比較的容易に連続使用ができる
  • メンテナンスに手間がかからず廉価である
  • ボンベは長期保存ができる

デメリット

  • 電気代がかかり、停電時には使用できない
  • 使用中、冷蔵庫程度の振動音と廃熱が発生する
  • 高流量の酸素吸入が必要な場合には不向きである
  • ボンベは交換が必要である

取扱い上の注意点

酸素濃縮装置の取り扱い上の注意点。装置は日当たりのよいところは避ける。火を使う所からは2m以上離す。壁などから前後左右15cm離して置く。酸素自体が燃えることはありませんが、燃えているものをさらに燃えやすくする性質があります。
酸素濃縮装置の取り扱い上の注意点。装置は日当たりのよいところは避ける。火を使う所からは2m以上離す。壁などから前後左右15cm離して置く。酸素自体が燃えることはありませんが、燃えているものをさらに燃えやすくする性質があります。

厚生労働省より在宅酸素療法における火気の取り扱いについて徹底するようにと発表がありました。(2010年1月)
●在宅酸素療法における火気の取扱いについて

ページのTOPへ