ホーム > 介護保険制度
介護保険制度

HOTを必要とするような病気になり日常生活を送る上で何らかの支援が必要になった場合は、介護保険を利用することによって介護サービスを受けることができます。要介護度は、要支援1,2、要介護1~5に区分され、受けることのできるサービスや量が異なります。

対象者

● 65歳以上の方(第1号被保険者)

65歳以上の方は、原因の如何を問わずに介護保険法で定める要介護状態あるいは要支援状態になった場合に、介護サービスを受けることができます。

● 40歳以上65歳未満の方(第2号被保険者)

40歳以上65歳未満の方は、老化が原因とされる病気(表1)が原因となって、介護保険法で定める要介護状態や要支援状態になった医療保険加入者に限り、介護サービスを受けることができます。

表1
  • 初老期における認知症
  • 脳血管疾患
  • 筋萎縮性側策硬化症(ALS)
  • パーキンソン病関連疾患
  • 脊髄小脳変性症
  • 多系統萎縮症
  • 糖尿病性腎症
  • 糖尿病性網膜症
  • 糖尿病性神経障害
  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)
  • 両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
  • 慢性関節リウマチ
  • 後縦靭帯骨化症
  • 脊柱管狭窄症
  • 骨折を伴う骨粗しょう症
  • 早老症
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 癌末期

申請方法

65歳以上の方は介護保険被保険者証、65歳未満の方は医療保険被保険者証をもって各市町村の介護保険担当課へ申請してもらいます。

・市町村の担当者などによる訪問調査と主治医の意見書にて調査がなされます。

・介護認定審査会による審査が行われます。

・必要な介護の度合いに応じて要介護度が決定します。

・要介護度1~5の方は、居宅介護支援事業所の介護支援専門員(ケアマネージャー)によりケアプランが作成され、要支援1,2の方は、地域包括支援センターの保健師などによる介護予防ケアプランが作成されます。

・サービスが開始され、利用する介護サービス・介護予防サービスの1割を自己負担することになります。

利用できるサービス

介護保険によって利用できるサービスには、介護サービス(表2)・介護予防サービス・施設サービスがあります。

表2
居宅サービス ・訪問介護(ホームヘルプサービス)
・訪問入浴介護
・訪問看護
・訪問リハビリテーション
・居宅療養管理指導
・通所介護(デイサービス)
・通所リハビリテーション(デイケア)
・短期入所生活介護
・短期入所療養介護
・特定施設入居者生活介護
・特定福祉用具販売
・福祉用具貸与
・住宅改修費の支給
・居宅介護支援
地域密着型サービス ・夜間対応型訪問介護
・認知症対応型通所介護
・小規模多機能型居宅介護
・認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
・地域密着型特定施設入居者生活介護
・地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

※その他詳しくは http://kaigo.rirara.info/

その他の経済的社会支援

HOTを受ける患者様を支える社会支援には次のようなものがあります。

ページのTOPへ