ホーム > 呼吸不全とは
呼吸不全とは

呼吸がうまく機能しないと、体の中に酸素を十分に取り込めなかったり、体の外に二酸化炭素を排出することが困難になったりします。

このような状態を呼吸不全といい、病状が1ヶ月以上に及ぶ場合を慢性呼吸不全といいます。

酸素が不足すると、胃腸の働きが悪くなる(食欲低下・便秘)、眠れない、イライラする、体がむくむ、動悸・息切れ、疲れやすい
酸素が不足すると、胃腸の働きが悪くなる(食欲低下・便秘)、眠れない、イライラする、体がむくむ、動悸・息切れ、疲れやすい

ページのTOPへ