ホーム > COPD
COPD

COPDとは

慢性閉塞性肺疾患は、Chronic Obstructive Pulmonary Diseaseを略してCOPD(シーオーピーディー)とも呼ばれます。

タバコや大気汚染など有害物質を、長年吸い込むことによって、肺への空気の出し入れがうまくいかなくなり、徐々に通常の呼吸ができなくなる病気です。

タバコなどの有害物質やガスを長年にわたって吸い込むことと老化が重なることで肺や気管(気管支)に慢性的な炎症が起きます。気管支が細くなったり、肺胞が壊れることにより、肺への空気の出し入れが悪くなり、結果、息切れとなって現れるのです。
タバコなどの有害物質やガスを長年にわたって吸い込むことと老化が重なることで肺や気管(気管支)に慢性的な炎症が起きます。気管支が細くなったり、肺胞が壊れることにより、肺への空気の出し入れが悪くなり、結果、息切れとなって現れるのです。

COPDの病態

気道病変タイプ:慢性気管支炎

空気の通り道である気道(気管支)の表面が、慢性的な炎症を起こし、粘液の分泌物が多くなります。 さらに、気道の壁が厚くなって気道が狭くなるため、空気の出し入れがうまくできなくなります。

空気の通り道である気道の炎症が続くと粘液の分泌が増えて咳や痰が続きます。
空気の通り道である気道の炎症が続くと粘液の分泌が増えて咳や痰が続きます。

気腫タイプ:肺気腫

肺の慢性的な炎症によって、肺胞が破れてくっつきあい、肺に空気がたまって膨れ上がる状態です。肺が古いゴム風船のように弾力を失い、さらに膨れた肺が気道を押しつぶすため、空気の出し入れがうまくできなくなります。

肺気腫の肺では、肺胞の壁が壊れてくっつきあい、肺が膨張します。そのため、ふくれた肺が気道を押しつぶすため、空気の出し入れがうまくできなくなります。
肺気腫の肺では、肺胞の壁が壊れてくっつきあい、肺が膨張します。そのため、ふくれた肺が気道を押しつぶすため、空気の出し入れがうまくできなくなります。

ページのTOPへ